看板やバナースタンドを用いて広告活動をする意味はあるのか

多くの人の興味を引く今話題の広告代理店

客足をつかむ

ショップカードの内容や作成費用について

ショップカードの作成方法や費用についてお話いたします。ショップカードとは企業が発行するカードサイズの販促ツールです。その内容もさまざまです。プラスチック素材でバーコードや会員番号が入ったもの、クレジットカードの機能を持たせ、商品購入するとポイントが貯まっていくカードがあります。そのようなカードはみなさん1枚は所持しておられることでしょう。その他には紙のショップカード、良くあるのがスタンプカードです。200円毎に1スタンプ、20個貯まれば500円分の商品が購入出来るというような手法がよく使われます。ショップカードの制作費は仕様により異なります。一例として自作データで入稿する場合、名刺サイズ(91×55mm)両面印刷(スタンプスペース有り)100枚800円という印刷通販業者があります。ひとつの参考としてショップカードを作成してください。

これまでの歴史や傾向

ショップカードの作成(発行)は年々増大しております。パソコンが現代のように普及したことによりショップカードの形も大きな変化を遂げております。特にポイント貯蓄型のカードは販促効果が高いのでたくさんの企業が発行しております。スーパー、ドラッグストア、コンビニ、ビデオレンタルショップなど数えきれない程あります。ポイントが付くとやはり貯めたいという顧客心理をついたアイテムです。そのようなカードが無い時代は商店街では購入金額に応じて補助券を渡し、ガラガラの福引きを開催して販促効果を高めておりました。紙のスタンプカードはその当時もありました。このように現代ではショップカード作成はお客様に商品購入へと導く大切な販促ツールとなっております。