看板やバナースタンドを用いて広告活動をする意味はあるのか

多くの人の興味を引く今話題の広告代理店

強い看板

看板とは宣伝や広告等の手段として使われるものである。その材質には木や金属、プラスチック等のある程度の耐久性のある板状のものが使用される。また、標識等のように宣伝以外にも何らかの情報を与えるための表示物も看板に含まれる。 看板自体も様々な種類や材質があり、価格も安いものから高いものまである。一般的な立て看板の場合だと、平均で大体1〜2万円とお手頃な価格で購入できる。特に近年ではインターネットの発達により、24時間家に居ながら簡単に発注することができるようになった。その分、どこの看板の会社も日本中の同業者がライバルになっている為に、より安く商品を提供しようと低価格競争が広がっている。購入者はどの会社が良いのかよく見比べ、検討する必要がある。

前述した通り、看板には様々な種類が存在する。例えばスタンド型やステンレス、プレート等。その使用用途によって使い分けが必要である。では、看板の価格はどのように決まっているのか。平均については先ほど言及したが、最もシンプルなプレートの場合。これは安い企業であれば600円から購入できる。これはとてもシンプルでサイズも小さく、利用者も多い。駐車場や注意喚起、募集等たくさんの場面で使用者が多いためだ。安い素材でそのシンプルさが需要が多い秘訣となっているのだろう。逆に高いものはどんなものだろうか。安いものとは反対で、サイズも大きくあまり一般の人が使いにくく、丈夫な材質のものが挙げられる。例えば大きな店の看板である。これらはその店独自のデザインを出して集客を第一の目的にしている為、丈夫な材質を選ぶ傾向にある。価格は看板の会社にもよるので大体の金額は分からないが、高いところでは100万円以上するものもある。よって、看板の価格の傾向は作りやすくシンプルなものは安く、丈夫で手間のかかるものほど高い傾向にある。